KENGIについて

ご挨拶


理事長 柏木 孝

1981年に設立された財団法人大阪市建築技術協会をルーツに持つ私たちは、公益法人制度に基づく一般財団への移行を経て、2014年に大阪市の外郭団体という位置付けから離れ、現在の組織である「一般財団法人大阪建築技術協会」となりました。

引き継がれる「気(築)づく力」

多くの市民が公共施設を安全に、快適に利用し続けることの要求に応えるために、私たちは市民本位の立場に立って「自ら考え、判断する力」「自ら行動する力」を培ってきました。これらの「気(築)づく力」は、35年を超える当協会の歴史の成果物ともいえるかけがえのない財産です。

いま、私たちは、時代に即した提案力や工事管理能力を高め、また資格取得のための専門技術・知識の習得支援や、職歴や役職による階層ごとの研修の実施に取り組んでいます。

若手からベテランまで継続して学び続ける環境を整備し、「不易流行」の考えのもと、従来にも増して柔軟でチャレンジ精神に満ちた「気(築)づく力」を備えた人材の育成に取り組んでいます。

人・協会を支える「健康経営」

「気(築)づく力」をはじめとした優れた能力を職員一人ひとりが発揮するために、働きやすい職場環境の整備にも注力しています。当協会には、自治体等で公共施設の管理業務に携わった経験を持つベテラン職員が多数在籍しています。ライフステージの転換期にもある職員が安心して仕事に取り組めるように、育児・介護休暇の取得を含め、協会として育児・介護について支援していきたいと考えています。

平成29年度からは、健康診断として人間ドックを実施し、職員が健康に働けるよう支援しています。また、労働時間の適正化に向けた取組みなど、職員の健康を考えた経営方針が評価され、経済産業省(日本健康会議)が主催する「健康経営優良法人2019」に昨年に続き、2年連続で認定されました。

「健康経営」によって経験豊富なベテラン職員を含む全ての職員が長くやりがいを持って仕事に取り組むことができ、その仕事ぶりを教材にしながら「気(築)づく力」を備えた若手が育っていくといった「人材育成」との好循環は、私たちが描く理想の組織像でもあります。

「民の力で公益の実現」

いま私たちは、自由な発想とフレキシブルな組織体制でこれまでにはない事業へのチャレンジを志しています。その領域は、大阪市はもとより大阪府内外の公共団体・外郭団体にも広がっています。「公」で培ったノウハウ・実績と「民」が持つ柔軟性や自由闊達さを併せ持つ『KENGI』。「民の力で公を支える」という当協会ならではの役割に、どうぞご期待ください。

KENGIの概要

名称 一般財団法人 大阪建築技術協会
所在地 〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-508号 あべのメディックス5F
TEL:06-6636-1777(代) FAX:06-6636-9981
設立年月日 昭和56年7月1日
設立目的 市民の安全性・利便性の向上と良好な生活環境の形成に向け、公共団体等が設置する建築物について適正かつ円滑な整備保全を推進するとともに、建築技術の向上に必要な調査・研究およびその普及の啓発を図ることにより、市民福祉の増進に寄与することを目的とする。
役員数 常勤役員  3名
非常勤役員 5名
職員数 職員102名
基本財産 20百万円
事業収益 1,427百万円(令和元年度見込み)
登録等 一級建築士事務所 大阪府知事登録番号(チ)第9053号
労働者派遣事業許可証 許可番号 派27-303142
一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会会員

役員・評議員(令和元年6月15日現在)

理 事 長 柏木  孝 (常   勤)
専 務 理 事 山田  昇 (常   勤)
常 務 理 事 車谷 正好 (常   勤)
理   事 金沢 成保 (非 常 勤) 大阪産業大学デザイン工学部教授
水田 利裕 (非 常 勤) 弁護士
山中 俊夫 (非 常 勤) 大阪大学大学院工学研究科教授
監   事 荻野 朝弘 (非 常 勤) 公認会計士
川西 絵理 (非 常 勤) 弁護士
評 議 員 木村 惠子 (非 常 勤)公認会計士
白井 大造 (非 常 勤)元大阪市水道局長
田中 義信 (非 常 勤)弁護士

(五十音順)

組織図

組織図

(平成31年4月現在)

定款

一般財団法人大阪建築技術協会定款(PDF)

財務に関する資料

  1. 平成30年度
  2. 平成29年度
  3. 平成28年度
  4. 平成27年度
  5. 平成26年度